アイザール

提供:ホワイトサイド日本語版
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイザール
副アカウント 利用者:Firegirl会話 / 投稿記録 / ログ
(2005年7月12日 - 2005年8月6日)
愛称・別称 アイ様、愛猿
Twitter @Love_zarl
活動期間 2007年5月19日 - 2018年12月11日
権限歴
管理者
2008年2月13日 - 2019年3月12日
オーバーサイト
2011年8月30日 - 2019年2月15日

アイザールは、Wikipedia日本語版の元管理者、元オーバーサイト。スレでは「アイ様」「愛猿」などと呼ばれていた。2007年5月から現在の利用者名で活動開始。

2018年後半あたりから活動が不活発になるが、以前より言われていたOTRSの件を甘く見ていたため、同年末にははぐれてしまい、そのまま音信不通となる。結果、2019年2月にオーバーサイト権限を除去され、同年3月には管理者も自動退任となった。

来歴・人物[編集 | ソースを編集]

2005年7月に文人「三宅惺」[1]の記述をめぐり、ノート:三宅惺/削除にてFiregirlの利用者名でいきなり議論デビュー。その後、当該アカウントは放棄されるが、2011年8月のオーバーサイト立候補直前になって、202.215.39.122[2]使用とともにFiregirlの存在利用者:アイザール/Wikipediaとの出会いにて公表した。

職業については本人の利用者ページによると、2009年4月の版まで「基本的に寄稿記事はお仕事用メモのスピンアウトなんで、[3]」とのことで、2011年10月の版までは「人文科学系の出版やってます。[4]」と自称していた。

大きなトラブルは起こしていない模様で、着実に仕事と執筆をこなす。また、スレにも時折顔を出す事が有った模様。

過去には利用者ページで「Wikipediaで「貴方」の欲望を満たそうとしないで…[4]」というメッセージを付していた。全くごもっともである。執筆者としては翻訳がメインであるようで、管理者業のみならず執筆活動においても優秀な人材である。かつては光舟と仲が良く、共同執筆も行っていた。当時のゴールデンタッグと言っても良いだろう。

なおスレにおいて、「ウィキペディアタウン」(事実上はオフ会のようなもの)に姿を見せ、その容姿はファッションモデルの「二階堂ふみ」に似ているというTweetがあったと報告されたが[5]、このTweetは現在までの所特定されておらず、仮に特定されても事実であるとも限らず、あくまで風説の域を出ないものである。

珍対処[編集 | ソースを編集]

Wikipedia:削除依頼/在日韓国民主女性会
削除したのに{{Vfd top kept}}を使用または{{Vfd top}}で存続と入力してる。削除記録を見ても削除してる[6]。目をこすってよく見たけどやっぱ削除してる。
Wikipedia:投稿ブロック依頼/ぽてから
2013年の案件。統一教会の応援活動をしていたぽてからに対し、無期限3票、半年以上2票(うち無期限にも反対せず1票)、1年以上1票、期間一任1票という内訳にも拘らず、半年のブロックで手打ちにしてしまう。復活したぽてからがワールドメイト系のTEAMFと結託し、結果的に後の大問題の契機を作ってしまう事となった。

注釈・出典[編集 | ソースを編集]