Chichiii

提供:ホワイトサイド日本語版
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chichiiiちちー
利用者ページに大きなサイズで掲げられていた、チベットの雪山獅子旗
利用者ページに大きなサイズで掲げられていた、チベットの雪山獅子旗
利用者ページに大きなサイズで掲げられていた、チベットの雪山獅子旗
愛称・別称 乳井、乳
活動期間 2008年9月12日 - 2014年8月15日
主な活動分野 アジア近代史
ブロック歴

Chichiii(チチー)は、ウィキペディア日本語版の無期限ブロック済み利用者。現在では、自身の会話ページの編集とメールの送信も禁止されている。2013年から2014年の、魑魅魍魎とした闘争が繰り広げられていた時代を象徴するウィキペディアンの一人である。

概要[編集 | ソースを編集]

2008年からアカウントで参加。典型的な「ネット右翼」であり、在日朝鮮人が何か事件を起こすと大喜びで加筆する(一例)など、かなり偏向的な編集を行っていた。10000バイトを超える記事を何本も書くなど、一定の執筆力はあったようだ。かつてはNakata88と仲良しだった。また詭弁とフォーラム・ショッピングを駆使し、一見丁寧な口調ながらも非常に威圧感を与える議論姿勢を展開していた。

2009年2月、韓国のフィギュアスケーター・金妍兒の記事への記載を巡り、ノート:金妍兒/過去ログ2にてフィギュア界隈のベテランであったBluebellとの間で論争に発展、Wikipedia:コメント依頼/Chichiiiを提出される。また同時進行でノート:済州島四・三事件/過去ログ1にて論争となっていたClarinもChichiiiへの批判を展開し、その結果それぞれのノートでBluebell・Clarinのラインで共闘関係が成立、さらにWikipedia:投稿ブロック依頼/Chichiiiを提出されるなどしたが、どっちもどっちとして一先ず難を逃れる。

同2009年8月、管理者のはるひによる他ユーザーへの裁量ブロックに疑義を呈し、その後対話拒否に入ったはるひに対して解任動議を突き付け、解任投票こそ留任となったものの活動停止・自動退任に追い込む事に成功する。

2010年、ノート:主権回復を目指す会/過去ログ1のノートにて、記事の内容に疑念を呈したCarpkazuとの間で論争に発展。同時期にはノート:在日特権/過去ログ6にてCarpkazuと対立していた同じくネトウヨユーザーのNakata88が活動しており、Wikipedia:コメント依頼/Carpkazuの提出を通して共闘関係が成立、Wikipedia:投稿ブロック依頼/Carpkazuを提出するも、こちらも「どっちもどっち」として否決。さらに仲良くなったばかりのNakata88はこの件以外にも多数の記事でネトウヨ活動に勤しんだ結果、風呂を炊かれて沈んでしまう。

2011年の第二次もつ煮論争では、議論提起者のMikkabieと共にもつ煮と鶴橋駅周辺のコリアンタウンの関連性についての記述の除去を企み、主筆者の海獺や管理者のアイザール、GA執筆者のR.Lucyらも巻き込んだ大論争に発展。議論終盤では海獺との間で双方の議論姿勢への非難合戦に発展し、ついには管理者の辞任を勧告する6KBの怒涛の批判演説を展開するなど大暴れを見せた。

2012年の管理者頂上決戦では、海獺に対する自身が用意した宣誓文の読み上げを要求するという侮辱的な行為を行ったTriglavを激しく糾弾、解任投票でも賛成票を投じている。その一方で海獺に対しても「不満はありますが、解任しなければならないとまでは言い難いので反対票を投じます。これを機会に海獺さんは人の面子を完全に破壊するようなことはしないように心掛けてください。」「独りよがりのエリート意識とプライドは軋轢を生むだけで何の意味もありません。今般、古くからの管理者仲間からもううんざりだって言われてショックだったんではないでしょうか?忠告に耳を傾けてこなかったあなたが悪いのです。」と、解任投票では反対票ながらも厳しいコメントを投稿している。

2013年5月に発生した生野区連続通り魔事件の削除依頼では、Shigeru-a24らと共に記事の存続を積極的に主張。ikedat76Hman氷鷺MaximusM4ら多数のベテランユーザー・自警を相手取り善戦するも結果は削除となる。この依頼はShigeru-a24のデビュー戦とも言える場であり、Shigeru-a24は不適切なカンバス(勧誘行為)に当たるクロスポストを行ったとして撤退を求められるものの、その直後に関連するページでの意見表明を行った事で、ikedat76によりWikipedia:投稿ブロック依頼/Shigeru-a24 20130630を提出されてしまう。ここで助けに入ったのがChichiiiであった。

そして2013年9月、山本太郎の記事において私生活上のスキャンダルの記述の捻じ込みを目論んだ事で、JapaneseAによりWikipedia:コメント依頼/Chichiii20130909を提出される。さらに10月には横浜線中山駅踏切死傷事故の削除依頼にて、再びShigeru-a24とタッグを組んで存続を主張するが、またしてもHman・氷鷺・ikedat76らの反対に遭い存続ならず。そんな中、自身の発言は棚に上げてikedat76の物言いを咎めようと向かったところ、そのikedat76により逆に長年の人格攻撃・議論攪乱などを理由にWikipedia:投稿ブロック依頼/ChiChiii 2013年10月を提出され、ついに無期限ブロックを受ける。

日時 ページ 出来事
2013-09-08 コメント依頼/
Chichiii20130909
依頼提出
2013-10-04 06:43 削除依頼/横浜線
中山駅踏切死傷事故
依頼提出
2013-10-04 21:54 コメント依頼/
Soumeijintiyuuryaku

その際は、Law somaさんご指摘のnn氏とやらも併せてブロックするのが適切でしょう

ikedat76
2013-10-05 00:34 コメント依頼/
Soumeijintiyuuryaku

Ikedat76さん、(引用略)御発言が過ぎるのではないでしょうか?nn詩とやらとはなんですか?あなた何様なんですか?

Chichiii
2013-10-05 11:00 ノート:コメント依頼/
Chichiii20130909

なぜか今回のIPユーザ様とのやり取りでChiChiii様がいたく激昂しておられる(引用略)ようで、趣旨の通りかねるご発言をなさっている有様。

ikedat76
2013-10-05 11:30 ノート:コメント依頼/
Chichiii20130909

「nn氏とやら」など、一般社会人がおよそ使わないような無礼なお言葉を使っていたからご指摘したわけです。(引用略)小学生の時に先生から叱られたりしませんでした?

Chichiii
2013-10-05 15:16 ノート:コメント依頼/
Chichiii20130909

「とやら」が一般に使われず、無礼だとする根拠は何でしょうか?

Liberia
2013-10-06 00:54 コメント依頼/
Chichiii20130909

Chichiiiさんにつきましては、ご自分に対する苦言を真摯に受け止められることを切に望みます。

Liberia
2013-10-06 02:04 コメント依頼/
Chichiii20130909

Liberiaさんの編集歴や話しかたを拝見したところakane700さんをほうふつするものがあり懐かしく思いつい芳名を挙げてしまいました。(引用略)あなたにその面影を感じてしまったようです。

Chichiii
2013-10-06 12:03 管理者伝言板/
投稿ブロック

利用者:Chichiii会話 / 投稿記録 / ログ - 度重なる暴言と議論妨害。

Liberia

ところが直後に解除申請を行うと、そこでも再び丁寧な主張を装った個人攻撃を繰り返し始める。そしてLiberiaが流した「ikedat76が自分にChichiiiのブロックに協力するように持ち掛けた」というデマを信じ込んでしまったため、2ヵ月後の2013年12月にはWikipedia:投稿ブロック依頼/Chichiii 条件変更によって会話ページの編集も禁止することが依頼されるに至る。しかし、JapaneseA必死の説得より、何とかこの時は会話ページの編集禁止は免れた。

翌年の2014年4月、3度目の解除申請を行う。これに対しコミュニティは、ikedat76Hman、Gyulfox、ShellSquid、Nazoxらを中心に、無期限ブロック者を相手に粘り強い対話が行われていた。しかしChichiiiは自身の問題を認識することを拒否し続ける不誠実な対話姿勢を繰り返しており、この時点で通る可能性の薄い解除依頼を出すことは、解除派の利用者ですら躊躇われたことだろう。

ところが4ヶ月後の2014年8月、突然現れた管理者・CUのFreetrashboxにより、突如としてWikipedia:投稿ブロック依頼/Chichiii 解除 20140810なる依頼が提出されてしまう。しかし前述の惨憺たる対話姿勢では解除されるわけも無く、結果Chichiiiはブロックは解除されなかった上、会話ページの編集とメールの送信も禁止され、事実上の追放とも言える措置を受けた。解除票は依頼者票のみ。他の8票は継続およびより条件を厳しくしブロック継続すべしとの票であった。かくしてChichiiiは、解除依頼でさらにブロックが重くなるという悲哀を味わう事となった。

はい、確かにChiciii氏の会話ページには出入りしていました。・・・その件?昔の事なのでよく覚えていませんが、えっ、なんで?、と感じたと言う記憶が、うっすらとあります。うそやろ、みたいな。私はなんとかChichiii氏から、解除に値するだけの言質を取れないかと努力していました。そもそも、でき得れば解除すると言うことが前提でなければ、被ブロック者の会話ページで対話を行う必要はありません。Chichiii氏の執筆能力は戦力となり得るものでしたから、偏向した編集方針と、わがままな対話姿勢をなんとか抑えて頂けないものかと、時間をかけて説得しようと考えていたのですが。

あの時点でブロックを解除か継続かと問われれば、継続と答えるしかありませんでした。解除に賛成する理由が見付けられないのです。しかも解除依頼後に、メールによる不適切なカンバス行為等が行われていたと記憶しています。ここに至っては私もChichiii氏のブロック解除は諦めざるを得ませんでした。解除依頼があのタイミングでなかったら?・・・ifについては確たる事は申し上げられません。ですが、カンバスが行われたとしても、少しは賛成票が入る見込みがあった気がします。

注釈・出典[編集 | ソースを編集]