Wikipediaの利用者/に

提供:ホワイトサイド日本語版
ナビゲーションに移動 検索に移動

[編集 | ソースを編集]

ニース利用者ページ / 会話 / 投稿記録
2016年12月より活動。北朝鮮関連の記事を多く手掛ける。一時は、私立大学の記事に対する大学用テンプレート貼りもしていた。過去に巻き戻し者に立候補したこともあるが、民意を得られず見送り。以後は、英文翻訳の執筆と雑草取りを続ける。 2018年4月に利用者名をにっぱーに変更した[1]
西村崇にしむらたかし?利用者ページ / 会話 / 投稿記録
削除依頼で転載元や第三者言及を文献に当たって探してきてくれる人。ウィキペディアの「長期虐待者(LTA)」を自称する利用者ページからは個性的な人柄がうかがえる。Wikipedia上で四の五の議論する前に文献に当たろうという思想で、調査のために他県の図書館に行ったり[2]レコードや外国語文献を入手したりもする。活動開始は2007年で、細かい表記の修正を経て9回目の編集で削除依頼を提出。2010年から2019年まで長いブランクがあったあとまた精力的に活動を再開した。「記事を執筆したり編集したりしたことはない」と名乗る通り標準名前空間での新規作成はリダイレクト含めてゼロだが、文献調査にもとづく細かい加筆修正はちょくちょく行っている。
ニック・ジャコルソン利用者ページ / 会話 / 投稿記録
文学関連を中心に無出典のゴミスタブを濫造。
ニッタユカ利用者ページ / 会話 / 投稿記録無期限ブロック
2009年6月から活動。反出典主義者であり、野球記事の編集などを多く行っていた。ログアウトしてIPで自演を行ったりもして、オクラ煎餅を始めとする野球系自警たちに目を付けられていく。2009年10月には井戸端で「出典はいらない」と声高に叫ぶも、周囲の総スカンを食って逃亡。そして2010年2月にはまたもや井戸端で「独自研究を見つけましたが黙認します」「ウィクショナリーって必要ですか?」と妄言を吐いてWatchdog daemonという利用者に目を付けられ、直後の4月にはikedat76が提出したWikipedia:投稿ブロック依頼/ニッタユカ 2010年4月の結果無期限ブロックに。この2人が同一人物だと分かったのはこの1年後のことであった。
二八にはち利用者ページ / 会話 / 投稿記録
マサチューセッツ州カントンの出身のFrank J. Gualtieri Jr.という人で、日本びいき、日本語達者な利用者であった。英語版ウィキペディアの Japan Portalの発起人でもある。英語版では利用者Fg2で登録されており、2004年より活動されている。コモンズにも日本各地の寺社仏閣を中心に多数の写真をアップロードされており、氏の熱意を感じる事ができる。2009年、残念ながら日本で死去されたとのこと。まだ56歳であった教育者、翻訳家であったとされ、沖縄や三沢でも勤務経験があった。博士号持ちで高学歴であった。日本での生活は20年を超える。
にび三郎にびさぶろう利用者ページ / 会話 / 投稿記録
鉄道分野で活動。2010年の編集開始からしばらくは既存記事への加筆を行っていたが、2018年初頭に初の新記事として19,525byteのセントルイス・カー・カンパニーを翻訳で作成。その後もオレゴン電気鉄道博物館、メープルリーフ (列車)などアメリカの鉄道記事の作成を行っている。議論時の口調は丁寧であり、会話ページにはボットかうんこ以外の履歴がない。
日本一弱い男にほんいちよわいおとこ利用者ページ / 会話 / 投稿記録
2006年から古代〜近世の「誕生日・忌日」等の加筆を行っていたが、大きなサイズの加筆はなく出典を添える事も無かった。あとは多少の競馬分野の執筆と雑草取り(本人弁)のみ。2011年で活動が途絶える。
日本ういきぺでいあ執筆者協会にほんういきぺでいあしっぴつしゃきょうかい利用者ページ / 会話 / 投稿記録無期限ブロック
記事・執筆者の表彰を目的とする財団法人…なんてものは当然存在しない。選考系に出没、一応まともな推薦なんかもやっていたようだがどう見ても悪ふざけがしたいだけで、目的外利用者として無期限ブロック。女(オカマ)口調繋がり、また新記事賞投票での完全に重ねた投票によってテレポちゃんと同一人物と言われていた。本人を名乗るスレの書き込みでは否定しているが[3]
日本の北の方のひとにほんのきたのほうのひと利用者ページ / 会話 / 投稿記録
Qleed
日本民主共和国にほんみんしゅきょうわこく利用者ページ / 会話 / 投稿記録
東欧諸国に関する記事、特に鉄道・道路の記事を中心に活動。日本共産党がかつて樹立を目指していた「日本人民共和国」との関係性は不明だが、東欧諸国の国名を意識していると見られる。

脚注[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]