Wikipediaの利用者/み

提供:ホワイトサイド日本語版
ナビゲーションに移動 検索に移動

[編集 | ソースを編集]

みかんずき・梅雨みかんずき・つゆ利用者ページ / 会話 / 投稿記録
インターチェンジのスタブ記事を作成している。
御門桜みかどさくら利用者ページ / 会話 / 投稿記録
2005年9月に参加、本格稼働は2009年以降。家政学修士課程を修了し、当初は家政学や香川県内施設に関連する記事を編集していた。2012年ごろからサンリオのキャラクター記事加筆に傾倒する。第五回執筆コンテストにて審査員を務めた後、各回のコンテストの開催支援を担った。2013年頃に緑内障を患い、参加頻度が低下した。
ミシン利用者ページ / 会話 / 投稿記録
2016年6月14日より活動。ほっしゃんこと星田英利の専属加筆者。Wikipedia:投稿ブロック依頼/ミシンを経て、2018年3月31日に無期限ブロック。星田によりツイ廃界で炎上中
みしまるもも利用者ページ / 会話 / 投稿記録
通称「みしまる」「るもも」。女性。2012年2月アカウント登録。詳細は当該項目を参照。
湖の国の王子みずうみのくにのおうじ利用者ページ / 会話 / 投稿記録
他人の発言の改竄、改名提案を経ない改名強行、対話拒否を繰り広げる割と目的外利用者。コピペによるサブスタブ作成を得意とする。しかし2019年1月現在ブロック歴はない。利用者名から滋賀県あたりを連想させるが、編集傾向による土地勘からは、どうやら東京西部ないし周辺に多くある人造湖と関係があるように見える。
ミスターカープ利用者ページ / 会話 / 投稿記録
野球関連の記事によく出没する。記事を私物化している節があり、イチロー松井秀喜などの記事でよく編集合戦を繰り広げている。
水野白楓みずのはくふう?利用者ページ / 会話 / 投稿記録
日本の歴史関係の編集が多い方。2005年からの活動なので古株参加者と言って良いだろう。2007年には月間感謝賞を受賞しており、手堅い編集で知られる。管理系では新着投票所での活動が少々ある程度。
みそかつおにんにく利用者ページ / 会話 / 投稿記録
2014年4月に活動を開始した翻訳者だったが、その質に大きく問題があったためMossにトレースされる。そして2015年5月にはNoSaitoの生まれ変わりではないかとの疑いが浮上してコメント依頼を提出され、JapaneseAらも同様の見解を示して6月には投稿ブロック依頼を炊かれるも、コメント依頼の段階で失踪していたため逃げ切った。しかしそれ以降も低質記事を投稿するIPユーザーが頻出するなどの事態が続き、長期間が経った11月にはJapaneseAが「礼儀を欠いた言い方は百も承知」と前置きした上で「貴方の翻訳は新語を勝手に作るわ必ず間違いがあるわで非常に迷惑だ。まともに翻訳しないのなら記事は作るな!!!」と激昂した[1]
みちまん利用者ページ / 会話 / 投稿記録
道路族の族長。2013年からは、LTA対策のため巻き戻し者を務めている。しかしLTA相手にキレてしまい、相手の会話ページに「いねや」と書いてしまい管理者のMaximusM4にブロックされたことも。キレるとそんな言葉が出てくるあたり関西人か。みちまん親衛隊・ミチマンスカヤ通りも参照のこと。
みっく0226利用者ページ / 会話 / 投稿記録
「ぐぐぐ」「なみたかゆき」などと共に、創価系アカウントとして知られ、虚偽出典で創価学会を中傷したノーザン123らを無期限ブロックに追い込んだ。しかし、「ぐぐぐ」とはアカウントの作成時期や編集項目の度重なる一致、お互いの連携の素早さから「同一人物」ではないかと噂されている。
光舟みつふね?利用者ページ / 会話 / 投稿記録
通称「舟」。2つ有るトリップの1つにFUNEの字が含まれているが、アカウント名の正確な読みについては不明[2]。本人は自身の性別に言及したことはないと語っていたが、スレでは女性と位置付けられている。GA17本を誇る美術記事界の優良翻訳者で、「ジャンヌ・ダルクノート / 履歴」「レオナルド・ダ・ヴィンチノート / 履歴」などの重要項目のGA入りにも貢献している。
軽快が作成した「jawp新着記事執筆者ランキング[3]」によると、2018年3月26日時点で新着記事への掲載本数は119本(jawp第18位)。アイザールとの共同翻訳歴などもある。2013年にはグレタ・ガルボノート / 履歴の記事で問題利用者Benzoylに絡まれて参加意欲を削がれセミリタイア。その後細々ではあるが復帰していた。かつてはスレにも良く出入りしており、アイザール×光舟のレズネタなども。現在はゴミ自警だらけのjawpに愛想を尽かしてしまった模様。また、「山田晴通さん以上に私が深刻な不信感を抱いているアクティブな管理者」が複数存在することを語る(あれ?山田晴通にも相当不信感があることをさらっと言ってね?)など、管理者達にも信が置けない状態であったようだ。 これはもうやむを得ない。お元気で。しかし当人は引退でなくブレイクだと言っていたようだが、スレでは嫌なことがあるとウィキブレイク宣言する芸もう飽きた」という声あった。
みっち利用者ページ / 会話 / 投稿記録
クラシック音楽分野でFA1本(ロベルト・シューマンノート / 履歴)、GA9本の優良執筆者。ギリシャ神話や剣客の記事も書いている。議論系にも出入りし、方針文書の改定にも関わる。総編集回数は2003年のアカウント作成から4,600回程度と控えめだが、九州の役問題の仕切り直しPooh456のブロック絡みなど、本人曰く「人と違うことをいうようにしている」行動で何かと存在感を発揮。基本的には執筆力(記事の充実)至上主義者であり、記事も書かずに議論に熱中する輩は全員ブロックと言い放ったり、頭痛ikedat76のブロックを惜しんだりしている。2014年7月にはWikipedia:独立記事作成の目安のガイドライン化を推し進めようとしたところ、英語版との対比を巡ってGyulfoxと大揉めになり、風呂を炊いてGyulfoxを脅して活動休止に追い込むことに成功した。しかしこれが裏目に出て今度はSureturnを召喚してしまい、投稿ブロック依頼は彼の反対票が決定打となって否決された上、ノートの方では議論凍結の提案を立てられ、議論力の低さを露呈してしまった。そして「私は引き下がりますので今後の進行をお任せします」という屈辱的な撤退宣言を口にさせられた上、さらに「みっちさんの一連の行動は、とにかく自分の提案を通す事が第一というような議論軽視」と追い打ちを掛けられてしまった。この流れで2014年9月には引退を宣言して挨拶回りまで行ったが、その後もたまに現れて半引退状態が続いている。
みや1229利用者ページ / 会話 / 投稿記録
何かと言えばNekosuki600に楯突いていた人。しかし当のNekosuki600からは決まって軽くあしらわれていた。遺恨の発端は井戸端で、表記ガイドのノートで延長戦を繰り広げ、Nekosuki600に対するコメント依頼では我が意を得たりとばかりに容喙したもののいなされてしまった。Nekosuki600がリアルに天に召されて以降は、彼自身もモチベーションが保てなくなったのかフェードアウトしてしまった。ちなみにいんでぃごとの同一説があった。
雅ハルカみやびハルカ利用者ページ / 会話 / 投稿記録無期限ブロック
ぽてから軍団の布教部門の一員。かつては新宗教系やサブカル系の良執筆者であるやまさきなつこ(現・名香野)と仲が良く、2016年には見事なコンビネーションでPrism11を無期限ブロックに追い込んだことも。しかし2017年のぽてから軍団一掃作戦にて軍団もろとも一掃された。
ミラー海神ミラーかいじん利用者ページ / 会話 / 投稿記録無期限ブロック
まず主分野がわからない。カテゴリの付け替えからよくわからない翻訳記事などの新規記事も多数、果ては出典のない加筆もしていて、眠っている間以外はウィキペディアにかじりつき続けているんじゃないんじゃないかというレベルで編集を繰り返していた。存命人物記事でたびたびやらかし、2015年9月に遂にBellcricketにより1週間の裁量ブロック+追認・延長依頼のコンボを喰らって無期限ブロックに。しかし同系統の主分野がわからない+寝てる間以外は編集し続けのアカウント群が多数存在するため、ブロックされ次第次の靴下を作り直して活動していると思われる。
ミラー・ハイト利用者ページ / 会話 / 投稿記録
2009年から活動。一時期はRFBに頻繁に出入りする自警活動を行っていたが、近年は見かけなくなった。野球関連記事において途方シネマズらと共にLTA:KIYO退治の活動を行う。野球選手関連記事で成績の更新をしている他に、情報の無差別な集約、NPB公示前の移籍や入団関連の早漏加筆の後始末とかをやってくれる縁の下の力持ち。荒らし相手には「冷徹になることも厭わないということです」という口上を好んで用いる。一方で、保護依頼の対応が遅いとして「11日間も何をしていたんですか」とアルトクールにクレームを入れるなど管理者に無理強いすることも。
ミランブラジル利用者ページ / 会話 / 投稿記録
Miraburu

脚注[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. Wikipedia:コメント依頼/みそかつおにんにくにおいて。同時期に利用者‐会話:195.70.2.54でも前置きなしに文句をそのままコピペしてる。
  2. 本スレで本人らしき人物が降臨し「自分の中で読みはあるがどっちで呼んでもいい」と発言していた。
  3. Ranking list of user creating new article - Quarry

注釈[ソースを編集]